コンテンツの書き方(文章構成)

コンテンツを増やしたいけど、どんな内容を書けばいいのかわからない。

パソコンを開いたけど、作文,執筆がいっこうに進まない。

そのようなご相談をいただきます。

ここでは、コンテンツを作るときの考え方と書き方をお伝えします。

ユーザーとサービスをつなぐ

ユーザーが来院,来店する動機は、どのようなものでしょうか?

ユーザーは「自分の課題,症状がスムーズに解決できる。安心感がある。」と感じられたら来院,来店します。

ポイントは、「自分の課題,症状」「スムーズに」「解決できる」「安心感」です。

ひとつひとつ文章にして、おさえていきましょう。

課題,症状の確認

ユーザーに対して、その課題,症状を理解していると伝える

  • 「こんな課題,症状で悩んでいませんか?」と来訪者の捜し物を明確にする
  • 「こんな心配(課題・症状)ありませんか?」と来訪者と体験を共有する

と表現してみましょう。

当院,当店が解決策であることを明言する

サービスや商品で解決できることを伝えます。

  • 「私たちは、このような方法で課題,症状を解決します。」
  • 「私たちは、この商品を使って課題,症状を解決します。」

と表現してみましょう。

論拠,実績,補足や注意点

解決する能力があることを裏付ける情報が無いと説得力が及ばないことがあります。
また、統計的なデータや用意できる明確な資料があるならそれを記載ましょう。

他のお客様は、どのような経過を得て現在に至っているのか、と言うことを詳細に掲載してもいいでしょう。

まとめと来院,来店への後押し

「課題,症状」を解決できることを改めて表明します。

その際に営業時間や診療時間を伝えたり、気軽に相談してほしいと素直な気持ちを表現するのも良いです。

コメント